セキュリティーを見直そう!

セキュリティースポットの対策を行う

ノートパソコンやスマートフォンやタブレット端末などのように、外出時に持ち運んで使うコンピューターの種類が増加しています。
モバイルコンピューティングを行う機会が増えてくれば、必然的にセキュリティーに関する対策が重要になってきます。
公衆無線LANは、外出先でインターネットを接続するのに役立ちますが、セキュリティースポットが存在する為、パスワードを使うようなオンラインサービスを利用する際には、安全に使えない事が多々あります。
セキュリティーホールやスポットの対策を行う為には、パソコンなどにアンチウィルスソフトを導入したり、ネットバンキングなどのように重要な個人情報を使うサービスを使う場合には、公衆無線LANを利用しないなどを行っていくと良いです。
また、パソコンを共有している時には、アクセス出来るユーザーを限定する事が大切です。
それぞれのユーザーは、パスワードの管理を確実に行う必要があり、安全にパソコンを利用するのに欠かせない事です。

セキュリティーの強度が高いスポットを使う

公共の無線Wifiスポットは原則として誰でも無料でインターネットへ接続できるメリットを持ちますが、セキュリティー面に注意して扱わないと情報の流出や悪用のリスクが伴います。
まず、Wifiを始めとした無線インターネット技術は電波を飛ばすことで通信を実現しているため、電波が届いてしまう圏内の端末であれば送信先以外の端末でもデータを受信できてしまうという欠点を持ちます。
よって、ほとんどのアクセスポイントは暗号化の技術を導入してこの欠点を補っていますが、公共Wifiスポットの中には暗号化が全く導入されていなかったり暗号化強度の弱いプロトコルが使用されている例も存在します。
これらのアクセスポイントはセキュリティーの面で非常に危険とされており、大切な情報を盗まれないためにも接続を避けるのが無難な選択といえます。
また、個人情報を入力する局面においては必ずURLを確認し、暗号化のセキュリティーが十分であるかを確認しておくとより安心です。

Favorite

フロアタイル

Last update:2018/4/2

Copyright 2015 セキュリティー最前線 All Rights Reserved.